山本歯科医院

 

 

山本歯科医院 Yamamoto Dental Clinic

栃木県鹿沼市にある山本歯科医院です。

トップページ お問い合わせ アクセス方法 診療室

 

フラワー

=======

   安心

   希望

   予約

   健康

   歯の修復素材

   幼児期

   学童期

   中高校期

=======

  ホメオパシー

  お問い合わせ

  アクセス方法

  診療室

=======

イルカ

 
成人期

*小さい虫歯の治療

歯の溝を埋める方法―虫歯になりやすい臼歯の溝を、予防のために、合成樹脂で埋める方法です。溝には食べ物の残りや歯垢がたまりやすく、虫歯になりやすいからです。

*大きい虫歯の治療

「冷たい物や熱い物で痛む」
「夜になると痛む」
「食べカスが虫歯の穴に詰まって痛む」
「噛むと痛む」
「何もしなくても痛む」
以上のような症状がある場合は歯の神経の治療が必要でしょう。


神経の治療(歯の根の治療)

虫歯が進行して、歯の神経〔歯髄〕にまで達するようになると、ほとんどの場合歯の神経(歯 髄)を取り除くようになります。歯の神経の治療は、治癒するまで長い時間、治療回数がかります。

*神経の治療(歯の根の治療)のあと

前歯―見た目を考えて、白いものでかぶせてて治します 。
奥歯―金属またはセラミックでかぶせるようにして治します。

歯の根だけが残っている状態
できるだけ保存することを考えますが、歯の根の先に膿がたまって治らない状態のときは、抜歯になります。

あごの関節周辺の痛み(顎関節症):顎を大きく開けることができなかったり、動かすといたかったり、音が鳴ったりする症状があります.20から30歳のとくに女性に多く見られるようです。痛みの程度はいろいろですが、部位は耳の前,頬,側頭部などに現れることがあります。

おやしらずが腫れた(智歯周囲炎):歯列の1番最後にあるおやしらずが、はえるスペースが十分になかったり、半分埋まったままだったりの状態で、歯の周りの組織に感染がおこると、腫れたり、痛んだり、膿がでたりすることがあります。

放置した虫歯の痛み:虫歯が進み、歯の神経まで炎症をおこし、さらに根の先からその炎症が波及すると、噛むと痛いという程度から、激しい痛み、歯が動く、頬が腫れるという非常に強い症状が現れます。また、あまり痛みがなく炎症が進んだ場合は、根の先に膿の袋が、できてしまうこともあります。

歯が磨り減る:硬い歯も長年使っているうちに、磨り減ってくることがあります。ひどい場合は表層のエナメル質が磨り減って、象牙質が露質して、水がしみたり、痛んだりすることがあります。
また、歯ブラシを強く横の方向にゴシゴシ使用すると、歯と歯肉の境目の所がすり減り、冷たい物がしみるようになることがあります。正しいブラッシングをしましょう。

*歯周病について

歯の周りの炎症の原因は,歯垢や歯石のような歯肉に、刺激を与えるものです。

歯肉から血が出る:歯の磨き方に注意して、歯垢をつけて置かないようにします。

歯と歯の間は、デンタルフロスを使用して、より完全に歯垢を除去します。

歯石が着いている:歯石は歯ブラシでは、取り除ことができませんので、歯科医院で歯の周りをきれいに清掃しなければなりません。

歯がグラグラ動いている:歯石が歯の根の方まで、着いてしまうと歯の根を押さえている骨が吸収してしまいます。外科的手術が必要かもしれません。

ひどい場合は保存不可能となり、抜歯することになります。

歯肉炎

歯肉炎

歯と歯肉の境目は、健康な場合、1〜2ミリの溝となっています。この溝に歯垢(プラーク)が付着する事により、歯肉炎が送ります。

歯肉が赤くはれて歯磨きの時に出血しやすくなります。中学生、高校生などの若者にも多く見られます。

この段階は、正しい歯磨きだけでも直ります。

歯周病が進行するにつれて、ポケットが深くなっていきます。
 

歯周病3種

軽度歯周炎

中度歯周炎

重度歯周炎

炎症が進み、歯と歯肉の間の溝が広がり深くなっていく。(歯周ポケットの形成)歯槽骨(歯を支えている骨)の崩壊も始まる。

歯槽骨の破壊が進み、歯がぐらぐらする。歯肉はブヨブヨし、歯周ポケットから血や膿がでて、口臭も酷くなる。

歯槽骨は殆ど無くなって、ついには抜けてしまう。

*取り出しの入れ歯

部分的な入れ歯:失ってしまった歯を取り外しの義歯で、補う方法。残っている歯にバネをかけてとめておきます。

失った歯の数や場所にもよりますが、同じ場合でも、見た目や装着感において、いくつか方法が考えられす。

部分入れ歯の場合

普通入れ歯の場合

金属の入れ歯の場合

部分入れ歯

上あご入れ歯

下あご入れ歯

金属入れ歯

総入れ歯:1本も歯が残ってない状態です。歯肉の粘膜と義歯の吸着する力、上の義歯と下の義歯の噛み合わせが、非常に大切です。見た目や装着感においていくつかの方法があります。

総入れ歯の場合

普通の歯の場合

金属の入れ歯の場合

総入れ歯

下あご入れ歯

総入れ歯金属の種類

総入れ歯 チタン コバルトクローム



 

当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。